2010年02月08日

古町 大和デパート跡地利用案

先月末に閉店した『北光社』
そのはす向かいには、『大和デパート新潟店』があり、今年の6月25日に閉店します。
義母が大和デパートで働いているので、彼女も最悪6月に職を失うかもしれません。

大和デパートも民間企業ですから、ボランティアで百貨店経営を行っているわけでなく、利潤を追求するために行っているわけですから、赤字の続く店舗を、体力以上に維持することはできないのでしょう。

石川や富山で働く人たちの雇用を守るために、新潟からの撤退を決意したのですから、究極の経営判断と認めたいと思います。
中途半端に先送りするよりは数段ましです。

古町の空洞化が叫ばれて以来久しいですが、新潟市も、新潟商工会議所も、古町商店街も有効な解決策を持ち合わせていないようです。

先日古町を歩いてきましたが、古町通りも、西堀ローサも人通りがありません。非常に閑散としていました。
西堀ローサに至っては、店舗の半分以上が、シャッターを降ろしているため商店街の体をなしていません。

この状態で、大和デパートが撤退すると、最早古町は商業地をしての基盤を維持できるか疑問です。

三越もひょっとしたら撤退するかもしれません。

そこで、発想をフレキシブルにして、大和でーパートの跡地利用を考えてみました。続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 07:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。