2011年06月30日

今晩から蒲原祭り開催

今晩から蒲原祭りが始まる。

7月2日までの3日間、数百の露店が栗の木バイパス(左岸側)脇の市道に開かれ、
蒲原町を起点に笹口(信越線のガード下)まで露店が連なります。

食べ物や、おもちゃ屋、金魚すくい、スーパーボールすくい、射的、輪投げ、いろいろとあり、
結構壮観です。

起点1蒲原町


起点2笹口

>


今晩は、結構混雑するためトイレに困るかもしれません。

栗の木バイパス側に、仮設トイレが設置されていますのでご利用ください。
ただし、数は少ないです。
タグ:仮設トイレ
posted by 沼垂の住人 at 06:54| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

学生時代に行った北海道旅行2

学生時代に行った北海道旅行1の続きです。

私の記憶が確かなら(料理の鉄人鹿賀丈史風って少し古すぎますネ。)

上陸3日目は、確か札幌市内散策をしてのでしょう?かなり記憶が曖昧です。
北海道庁や札幌駅に行ったのは覚えているのですが、初日の散策コースとかぶっています。

当時は、”るるぶ”のような手頃なガイドブックもないですし、ただ新潟市よりも都会である札幌市に圧倒され、街歩きが楽しくてたまりませんでした。

上陸2日目は、別行動を取り、友人はまたもや札幌市内を散策し、

私は、北海道中央バスの日帰りバスツアーの申し込み、支笏湖を見に行きました。

ツアーの名前は、『支笏ロマンコース』確か昼食付で二、三千円程度の料金と記憶してます。
数年前に、サミットが開かれた洞爺湖は入っていません。(残念でした。)

IMG_0004.jpg

中央バス札幌ターミナルを出発して
羊が丘展望台 ⇒ オコタンペ湖 ⇒ 支笏湖(遊覧船乗船)昼食 ⇒ 千歳 ⇒ 札幌
と観光したようです。

IMG_0005.jpg

IMG_0006.jpg

羊が丘展望台と支笏湖は鮮明に記憶していましたが、

オコタンペ湖と千歳・・・・?です。

まあ、捨てずに取ってある乗車券の裏側に書いてあるのですから、おそらく行ったのでしょう。
こんな、日記を書いていると、オコタンペ湖を確認しに行きたくなります。

今度は、じゃらんnetで洞爺湖温泉にでも宿を予約して、2日間自転車で散策したいものです。






フェリーの旅も捨てがたいのですが、時間に制約のある社会人としては、飛行機で2泊3日位が妥当でしょうか?



posted by 沼垂の住人 at 04:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

35年前の新潟(万代シティ)

写真を整理していたら、
面白いのが見つかりました。

万代シティにある七色塔(レインボータワー)から撮影した写真です。
IMG_0001.jpg

今は、ラブラ万代に変わっていますが、ダイエーが進出したばかり。
ミナミプラザがあります。

IMG_0003.jpg

手前は解体が取りざたされている、シルバーボールビル
左奥は、建替え前のホテル新潟(現在のANAプラザ)

IMG_0002.jpg

中央に南万代小学校はありますが、NSTビルは陰も形もありません。
左手に見えるのは、国鉄の社宅(今は原信があります。)
右手手前は、建替える前の逓信病院だと思います。
信濃川にも、やすらぎ堤はありません。

時代は流れ、街は変わりますが、信濃川だけは流れ続けています。
posted by 沼垂の住人 at 13:32| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ある平和な光景

昨日の新潟西港の光景です。

普段は、施錠されて入れないのですが、ミサイル艇(うみたか、はやぶさ)が着岸しているためか、開放されていました。

P1030982.JPG

手前には、サビキ釣りを楽しむ人達
日常と非日常が混在しています。

以前は、車を横付けしてサビキ釣りができました。
国際貿易港ということで、改正SOLAS条約発動により、港湾施設の保安強化を目的に、有刺鉄線を供えたフェンスで岸壁に近づけないようにしています。

護衛艦(確かあぶくま?)は見たことあったのですが、ミサイル艇は初めてです。

P1030988.JPG

P1030984.JPG

P1030982.JPG

P1030986.JPG

P1050016.JPG

P1050015.JPG

ミリタリーマニアではありませんが、惚れ惚れします。
カッコいいです。

一度乗船させてもらいたいです。
タグ:ミサイル
posted by 沼垂の住人 at 19:30| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(住人のつぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

蒲原まつり 祭り前の静けさ

2週間後に開かれる蒲原まつり
散歩コースを変更して、蒲原神社と露店が建ち並ぶ通りを歩いてきました。

早朝ということもあるのでしょうが、まさに『祭りの前の静けさ』です。

お恥ずかしい話ですが、早朝の蒲原神社初めて見ました。
(沼垂に40年以上も住んでいるのに)


今朝の蒲原神社


P1030840.JPG
当日は、この山門に入るのに1時間はかかるでしょうか?
P1030851.JPG
例年通りなら、はずれくじばかりのくじ引き屋と
おもちゃ屋が立ち並ぶ辺りです。


P1030854.JPG
この辺り、確か食べ物屋のエリアです。

P1030853.JPG
この辺は、射的と焼きそばです。
左手に行くと、怖くないお化け屋敷のはずです。


露店が建ち並ぶ通り

P1030840.JPG

新潟駅高架化工事が行われていますが、当日は工事中断するでしょう。

P1030859.JPG
この辺りに、行列のできる”ぽっぽ焼き屋”が立つはずP1030860.JPG
当日は、ここを渡るのに時間がかかるんです。

本来なら、家族全員で”浴衣”を着込んで祭り見物したいところですが、

着込める浴衣も、
着こなす技術もありません。


posted by 沼垂の住人 at 06:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

学生時代に行った北海道旅行1

私が、初めて北海道を旅行したのは今から30年程前、高校1年生の時です。
中学時代のクラスメイトのお兄さんが、札幌の大学に行っていたので、
下宿先のアパートに泊めてもらうことができると聞き、二人で北海道に渡りました。

この時、北海道に渡る手段として、新日本海フェリーを利用したのですが、
金のない高校生ですから、当然2等、料金は確か片道5,000円でした。

現在のフェリーと較べるとかなり小さなフェリーでしたが、佐渡汽船のフェリーより大きく
『大きな船だなあ〜』と感心しながら乗船したことを記憶しています。





船底にある2等席に着くと、ツーリングが目的と思われる大学生?のグループが沢山いまして、
暫くすると仲良くなり、バイクの話が始まります。
当時の男子高校生、例外なくバイクにあこがれていたので、
『早く免許を取ってバイク乗るぞ〜』『バイクに乗れていいな〜』
とバイクやこれからの行き先のことで話が盛り上がりますので、
一人の大学生?から、飲み物や、食べ物を沢山頂きました。
船の中には食堂があったのですが、値段が高くて利用することができませんでした。


二人とも、初めて船中泊するので興奮して眠れず、甲板に出て星空をを楽しんだり、お風呂に入ったりして時間を潰しました。

現在では、18時間で新潟−小樽間を運行していますが、
この時代、小樽までは21時間程度の船旅だったように思います。






翌朝早くに、小樽港に到着したのですが、ここで度肝を抜かれました。
舞鶴や敦賀から来ているフェリーの大きいこと、大きいこと
私たちが乗ってきたフェリーの倍以上の大きさです。
例えるなら、私たちのフェリーが木の葉のように感じました。

このフェリーを横目でにらみながら下船し、殆ど寝ていないので、ハイテンションのまま
JR小樽駅に向かい、JR函館本線で札幌に出ました。

ゴムタイヤの地下鉄南北線に乗り換え、お兄さんのアパートに到着したのは昼前後だったように思います。

午後からは、二人で札幌市内を散策した記憶があります。

大通公園、テレビ塔、あとデーパートを回りました。

この時点で、新潟を出て2日経つわけですが、あっという間に時間が過ぎていた気がします。




posted by 沼垂の住人 at 05:47| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

沼垂なじらねフェスタ鼓助見参

今年の沼垂なじらねフェスタに行ってきました。
このイベントも今年で12年目
長男が生まれてすぐに始まったのですね。

11歳の我が娘も、元気に太鼓を演奏してきました。


P1030813.JPG

P1030791.JPG

P1030789.JPG

念願の大太鼓を叩けて満足していました。

posted by 沼垂の住人 at 17:30| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼓助参上!

沼垂には毎朝通称寺町通りで朝市が開かれています。

寺町通りは、正式には新潟市道”沼垂東日の出線”といい、その昔は栗の木川から分岐し寺町まで伸びていたお堀の跡地を道路にしました。

梅雨入り直前のこの時期になると、この寺町通りで町興しのイベントが開催されます。

その名も、『沼垂なじらねフェスタ』

以前は、沼垂四つ角から県道5号線の基点となってる沼垂東2交差点を結ぶ、新潟市道南1-56号線を通行止めにして行っていました。




午前10時から、小学生の娘が入っている”鼓助”の万代太鼓の演奏からスタートします。

実は、我が娘、先週末からこの水曜日まで高熱を出して学校を休んでいました。
自分がやりたいことがあると、気力で熱を下げてしまうこと多数
体調までもコントロールできる能力があるようで、意志の強さを感じます。

ちなみに、”鼓助”の演奏はこんな感じでやっています。
(写真は、沼垂なじらねフェスタのものではありません。)

P1030391.JPG

上級生がいなくなり、念願の大太鼓の演奏ができると張り切っている我が娘

気負わず頑張ってほしいものです。

posted by 沼垂の住人 at 06:31| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

新日本海フェリー新潟乗り場

新日本海フェリーの新潟フェリーターミナルは、散歩コースになっています。

本日、長男と連れ立ってターミナルに行ってきました。
P1030697.JPG

P1030677.JPG






『フェリーしらかば』が入港していたのですが、

P1030670.JPG

長男曰く

『ばからし』って・・・・・?

右舷に書いてあったのですが、そのまま左から読んでしまったようです。


P1030692.JPG

車の乗船口を撮影したのですが、左脇に見える建物は、朱鷺メッセの高層ビルです。

トイレを借りるためにターミナルに入ったところ、こんなものがいました。


P1030688.JPG

丸々と太った金魚です。

長男曰く、『おいしそうな寿司ネタ』

『おーい、そんなに空腹なのか!さっき、チーズバーガー食べたばかりだろう。』
と思わずツッコミを入れた私。

若いって、腹が減るのですね。
そういえば、30年前は、私も1日5食、食べていました。





posted by 沼垂の住人 at 22:36| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

10ヵ月前の沼垂まつり2010

更新を定期的に行っていなかったので、昨年の沼垂まつりの写真をアップしてませんでした。

(自分ではアップしていたつもりになっていました)

2ヵ月後の沼垂まつりのPRを兼ねてアップします。

昨年の我が町内の喧嘩灯篭(表絵)

P1030103.JPG


裏絵

P1030104.JPG


子供灯篭

P1030124.JPG


五区灯篭

P1030107.JPG


上二、三の町灯篭
P1030105.JPG


上四の町灯篭

P1030140.JPG


東竜ヵ島灯篭

P1030143.JPG


確か五軒町?

P1030142.JPG

posted by 沼垂の住人 at 21:42| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

父子で早朝学習した2年前

2年前の今頃

早朝5時に、父子で起きて1時間半位、朝学習しました。

父 技術士という資格試験受験のため
子 公立の中高一貫校の受験のため

ただし、いずれもこの時点では、合格できたらいいな〜程度でした。

父 
 昨年、ようやく1次試験にパスし、今年初めて2次試験に臨む。周りには教え請う技術士がいなくて、独学、手探り状態、まずはネットで合格した既存技術士の方が運営するサイトで情報収集。
 合格ラインにある論文をひたすら書き写す毎日。この合間に子供からの質問に答えてあげる。


 クラスでは中程度の学力、父に尻を叩かれるので仕方なく始めた朝学習
 この時点で、彼のクラスメイトは、中学受験を一笑にふしていたでしょう。
 本当にテストの点数は、大波賞。いいときもあれば、悪いときが多い状態でした。 

客観的に見て、合格できる確率は・・・・・・
ほとんど無かったと思います。


それでも、諦めずに朝学習と、某学習塾に通い、受験勉強を続けた子
そんな子供を励みにして、朝学習に付き合った父

どちらにも、翌春には桜が咲いたのですから

『継続は力成り』と先人はよく言ったものだと感心します。

2年後の今

父子共に、弛んでいるのが気がかりです。

また、朝学習しようと思います。

でも、今度は一人でしょうか?





 
posted by 沼垂の住人 at 23:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。