2012年06月30日

2012 蒲原まつり まもなくスタート

先ほど、かかりつけの歯医者の帰りに、蒲原神社近くを通りました。

今晩、夜宮を迎える、蒲原まつりに出店する露店の設営が、着々と進められていました。

夕方過ぎには、露店で通りが埋め尽くされます。

SH3F0109.JPG
栗の木バイパス 長嶺町の交差点から見た風景です。

SH3F0112.JPG
明石町の栗の木バイパスの側道

SH3F0114.JPG
準備前の、商品でしょうか?

夜宮まであと、半日です。


タグ:準備 露店
posted by 沼垂の住人 at 12:07| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

2012年 蒲原まつり 準備進む

今朝の早朝散歩は、蒲原神社方面へ足を伸ばしました。
SH3F0104.JPG

明後日から始まる、蒲原祭りの準備も始まり、
神社境内脇には、好例(高齢?)のお化け屋敷がその姿を現していました。

SH3F0105.JPG

露店への電気を供給する、電線の架設も完了しており、あとは店を待つだけです。
SH3F0103.JPG

SH3F0100.JPG

電線のコネクターってこんな感じのやつがあったのですね。
SH3F0108.JPG

仮設にはいいです。




タグ:お化け屋敷
posted by 沼垂の住人 at 07:28| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

10ヶ月前の沼垂まつり3(我が西龍ヶ島町内)

本日は我が西龍ヶ島町内会の灯篭をアップします。

灯篭の下絵は、常に龍をモチーフにしています。
書き手は、あくまで、墨絵にこだわりがあるようです。

P1050235.JPG

灯篭として担ぐと、こんな感じになります。

P1050305.JPG

P1050315.JPG



あと、昨日アップし忘れました、隣町の芳原の灯篭です。

P1050321.JPG

本日は、ここまで



posted by 沼垂の住人 at 07:52| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

10ヶ月前の沼垂まつり2

本日も、各町内の灯篭です。

P1050243.JPG
 五 区 

P1050244.JPG
 上 2,3 ノ 町 

P1050329.JPG
 東 龍 ヶ 島 

P1050333.JPG
 五 軒 町 

本日はここまで。




タグ:町内会
posted by 沼垂の住人 at 05:39| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

10ヶ月前の沼垂まつり1

昨年同様、昨年の沼垂まつりの写真を、まつりまで2ヶ月を切ったことからアップしたいと思います。

今年の沼垂まつり喧嘩灯篭はどんな感じになるか、イメージトレーニングして下さい。

まずは、各町内の灯篭の写真からスタートします。

P1050320.JPG
 古 稲 荷 町 

P1050331.JPG
 日 吉 町 

P1050242.JPG
 上 四 ノ 町 

本日はここまで。
タグ:喧嘩灯篭
posted by 沼垂の住人 at 21:16| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沼垂まつり・蒲原まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

新たなリンク先

長男が小学校時代に在籍してた、サッカーチーム”沼垂FC”

今、コーチをしているのが中学時代の同級生(wajyu君)です。
彼の2番目の息子と、うちの娘がまた小学校で同級生です。

沼垂は親子で同級生というパターンは珍しくありません。

そんな彼から、『FCを紹介するホームページを作成したい』
という話があったのが、ひと月前の、小学校の運動会の時でした。

『ホームページより、ブログの方が更新が楽でいい』と言って、
『ブログなら立ち上げを代行してやる』といって、この度ようやくブログを立ち上げました。

ブログ名は、沼垂FCのぶろぐ

昨日から、怒涛の更新を継続するようです。

Wajyu君 頑張れ
posted by 沼垂の住人 at 18:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(住人のつぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

大船渡市出身のSさんに気づかされたこと

先月の下旬からメタボ対策で、長距離散歩を再開しました。

早朝をベースに、6〜8kmほど歩いています。

散歩コースで、新日本海フェリーの新潟ターミナルを通るのですが、

昨日、初老の男性に、佐渡汽船ターミナルまでの道順を聞かれました。

早朝でしたので、公共交通機関も便が悪く、徒歩でもいけない距離でもないことから、万国橋までの道案内を買ってでました。

歩きながら、お話をしていくうちに

道を尋ねた初老の男性が、
大船渡市出身で先の大震災の津波で自宅が流され
現在、大船渡市に居住することができず、職もなく、
八方塞の状況から逃れるために、前から行きたかったところ訪ね歩いているとの事でした。

一昨日、小樽からフェリーに乗って今新潟についたところでした。

お名前は、Sさん。

以前は、冷蔵設備の施工で、食品工場や漁業施設を回っていたことや

最近では、大船渡市の漁業組合で働いていたが、津波被害で失業したとのことでした。

震災瓦礫も、特定の地域に集積されているが、処理はほとんど進まず、

Sさんの家があったとこは、居住不可地域に指定されているため何もできないとのことでした。

あの、未曾有の震災から1年以上経ちますが、

私自身の意識からも震災被災者のことが風化していることに築かされた気がします。

『絆』という言葉だけが先行し、もてはやされていますが、

瓦礫処理は引き受けたくないという、反対運動

本当に、当事者意識に欠ける行動ではないか?

この点は、様々な意見があることは承知していますが、

『お互い様』という気持ちがあれば・・・・

おのずと、行動する方向性は一致するのではないか?

そんな気がしました。

Sさんの言葉の中に、

『本当にこの国には、真のリーダがいない。』

『政治家はパフォーマンスばかりで、何も決めてくれない。』

これらの言葉を発する、Sさんから諦めに似た雰囲気を感じました。


Sさん、佐渡は今、カンゾウの花が黄色く色づいています。

あなたの受けた心の傷を少しでも癒してくれるのであれば

新潟県民としては幸いです。


それにしても、民主党政権何とか変えたいと思うのは

私だけでしょうか?

タグ:大船渡
posted by 沼垂の住人 at 07:50| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。