2006年02月17日

認識のズレ(目的とは)

先の週末に、個人的興味からISO9001(品質マネジメント)の講習会に行ってきました。
結構ハードな講習会で、モチベーションを活性化して帰ってきました。

ISOは、絶対顧客主義ですので、顧客の満足達成するために活動をレビュー(審査、見直し、確認)し、活動を継続的に改善する必要があります。
ですから、予め
@目的を明確にし
A活動を計画
B計画通り行動し
C計画したやり方で行動をふりかえり
D目的を達成させるために継続的な改善

を行う必要があります。

この思想を、まちづくり活動である、沼垂もんの冬まつりにたとえると、

今回の、沼垂もんの冬まつりを開催する目的は、

沼垂に住む人から、沼垂に関心を持ってもらい、
今後の沼垂のまちづくり(将来の沼垂の方向性)を考えるために、
まずは、”住みよいと考える街の要件”について
今、認識している考え(顧客満足)をお聞きすること

です。

私は、まつりを開催することは、手段であって目的ではないと認識していましたが、
昨日の最終打ち合わせで、メンバー間の認識のズレを確認し修正しました。

現在、沼垂の住みよさに関してお聞きする、アンケートを作成中です。

出来あがりましたら、このブログにもアップします。

あなたの意見が、沼垂の街を住みよい街に変えるキッカケになります。

是非、御意見をお寄せ下さい。


ではまた。

posted by 沼垂の住人 at 06:24| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 街づくり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。