2010年02月07日

子供に何を残すのか?

昔から『孫子に美田を残さず』といいます。

遺産を巡り、兄弟姉妹の仲たがいの醜さや、子供に自立することを促すことが最終的に子供の幸せになるという、先人たちの知恵です。

身近にも、遺産相続で兄弟仲が悪くなった事例があり、
異母兄弟になると、収拾がつきません。

まあ、私には残してやるほどの資産はないのですが、
子供の自立を促すために、可能な限り教育を施してあげたいと思います。

エンゼル係数を高めない範囲で行う教育投資は?

自分で教えることです。

大学時代に家庭教師のアルバイトをしていたので、中学生の数学程度なら、まだ教えることができます。

あと、子供と一緒に勉強することです。

子供・・・宿題、受験勉強
親・・・・資格取得試験

勉強しなさいという親が、テレビを見ていたのでは子供は勉強しません。理不尽なことに驚くほど子供は敏感です。

でも、勉強以外は理不尽大魔王で行きたいと思います。

世の中、理不尽だらけですから・・・








posted by 沼垂の住人 at 14:59| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(住人のつぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140483519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。