2011年06月08日

父子で早朝学習した2年前

2年前の今頃

早朝5時に、父子で起きて1時間半位、朝学習しました。

父 技術士という資格試験受験のため
子 公立の中高一貫校の受験のため

ただし、いずれもこの時点では、合格できたらいいな〜程度でした。

父 
 昨年、ようやく1次試験にパスし、今年初めて2次試験に臨む。周りには教え請う技術士がいなくて、独学、手探り状態、まずはネットで合格した既存技術士の方が運営するサイトで情報収集。
 合格ラインにある論文をひたすら書き写す毎日。この合間に子供からの質問に答えてあげる。


 クラスでは中程度の学力、父に尻を叩かれるので仕方なく始めた朝学習
 この時点で、彼のクラスメイトは、中学受験を一笑にふしていたでしょう。
 本当にテストの点数は、大波賞。いいときもあれば、悪いときが多い状態でした。 

客観的に見て、合格できる確率は・・・・・・
ほとんど無かったと思います。


それでも、諦めずに朝学習と、某学習塾に通い、受験勉強を続けた子
そんな子供を励みにして、朝学習に付き合った父

どちらにも、翌春には桜が咲いたのですから

『継続は力成り』と先人はよく言ったものだと感心します。

2年後の今

父子共に、弛んでいるのが気がかりです。

また、朝学習しようと思います。

でも、今度は一人でしょうか?





 
posted by 沼垂の住人 at 23:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。