2011年06月12日

鼓助参上!

沼垂には毎朝通称寺町通りで朝市が開かれています。

寺町通りは、正式には新潟市道”沼垂東日の出線”といい、その昔は栗の木川から分岐し寺町まで伸びていたお堀の跡地を道路にしました。

梅雨入り直前のこの時期になると、この寺町通りで町興しのイベントが開催されます。

その名も、『沼垂なじらねフェスタ』

以前は、沼垂四つ角から県道5号線の基点となってる沼垂東2交差点を結ぶ、新潟市道南1-56号線を通行止めにして行っていました。




午前10時から、小学生の娘が入っている”鼓助”の万代太鼓の演奏からスタートします。

実は、我が娘、先週末からこの水曜日まで高熱を出して学校を休んでいました。
自分がやりたいことがあると、気力で熱を下げてしまうこと多数
体調までもコントロールできる能力があるようで、意志の強さを感じます。

ちなみに、”鼓助”の演奏はこんな感じでやっています。
(写真は、沼垂なじらねフェスタのものではありません。)

P1030391.JPG

上級生がいなくなり、念願の大太鼓の演奏ができると張り切っている我が娘

気負わず頑張ってほしいものです。

posted by 沼垂の住人 at 06:31| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。