2011年06月14日

学生時代に行った北海道旅行1

私が、初めて北海道を旅行したのは今から30年程前、高校1年生の時です。
中学時代のクラスメイトのお兄さんが、札幌の大学に行っていたので、
下宿先のアパートに泊めてもらうことができると聞き、二人で北海道に渡りました。

この時、北海道に渡る手段として、新日本海フェリーを利用したのですが、
金のない高校生ですから、当然2等、料金は確か片道5,000円でした。

現在のフェリーと較べるとかなり小さなフェリーでしたが、佐渡汽船のフェリーより大きく
『大きな船だなあ〜』と感心しながら乗船したことを記憶しています。





船底にある2等席に着くと、ツーリングが目的と思われる大学生?のグループが沢山いまして、
暫くすると仲良くなり、バイクの話が始まります。
当時の男子高校生、例外なくバイクにあこがれていたので、
『早く免許を取ってバイク乗るぞ〜』『バイクに乗れていいな〜』
とバイクやこれからの行き先のことで話が盛り上がりますので、
一人の大学生?から、飲み物や、食べ物を沢山頂きました。
船の中には食堂があったのですが、値段が高くて利用することができませんでした。


二人とも、初めて船中泊するので興奮して眠れず、甲板に出て星空をを楽しんだり、お風呂に入ったりして時間を潰しました。

現在では、18時間で新潟−小樽間を運行していますが、
この時代、小樽までは21時間程度の船旅だったように思います。






翌朝早くに、小樽港に到着したのですが、ここで度肝を抜かれました。
舞鶴や敦賀から来ているフェリーの大きいこと、大きいこと
私たちが乗ってきたフェリーの倍以上の大きさです。
例えるなら、私たちのフェリーが木の葉のように感じました。

このフェリーを横目でにらみながら下船し、殆ど寝ていないので、ハイテンションのまま
JR小樽駅に向かい、JR函館本線で札幌に出ました。

ゴムタイヤの地下鉄南北線に乗り換え、お兄さんのアパートに到着したのは昼前後だったように思います。

午後からは、二人で札幌市内を散策した記憶があります。

大通公園、テレビ塔、あとデーパートを回りました。

この時点で、新潟を出て2日経つわけですが、あっという間に時間が過ぎていた気がします。




posted by 沼垂の住人 at 05:47| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209679650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。