2012年07月13日

水と土の芸術祭

早朝散歩で信濃川右岸の安らぎ堤を歩きます。
こんな、建築物がNSTの近くにできていました。

SH3F0124.JPG

新潟市のホームページを見ていたら

今年も、『水と土の芸術祭』が明日から開催されるそうです。

確か、一昨年も開催されていましたが、私の周りの評判は芳しくありませんでした。

十日町市で開催される、『大地の芸術祭』の2番煎じという感じで、
台風で倒壊した、竹のオブジェの補修を巡り賛否が渦巻いた記憶があります。
恐らく、この写真オブジェの作者の作品だったと思います。

新潟市の市長は、地元新聞社の論説員を経て、市長になった方ですから、文化的なことについては
自分の強みだと自負されているのでしょう。

でも、人が大失敗する時は、

自分が不得手と感じていることがらではなく、
自分が得意と感じていることがらで失敗します。

これは、私の個人的な見方ですが、
東京工業大学で原子力を学んだ、前総理は、原発事故の不手際でやめました。


ラベル:新潟市
posted by 沼垂の住人 at 07:07| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お言葉ですが菅総理は失敗しておりません。
自分の間接的責任を認めたくないがために強引に他人のせいにした関東人(あるいはそれを扇動した関東マスコミ)が辞めさせたのです。
ですからあなたの文章には説得力がなくなっています。
Posted by ものの道理のわかる天才 at 2012年07月13日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。