2007年02月03日

アリバイ作りにサクラを使う・・・

国民、住民の意見を聴く目的で、タウンミーティングや、ワークショップが開催されます。
1回開催する費用が1,000万円、その上参加者にかなりのサクラが集まっていたタウンミーティング。
大手広告代理店だけでなく、大手新聞社までサクラ集めをしている現状・・・
サクラのバイト料が、3,000〜5,000円
果たして、活発な意見交換が行われるのでしょうか?
以前の株主総会のような気がします。
アリバイ作りにサクラを使うなんて・・・・
これって国民不在、民主主義でしょうか?

新潟市も、様々なワークショップを開催していますが
まさか、サクラやヤラセなんて・・・・・

もし、最初から結論が決まっているのならミーティングは不要です。
コスト、時間、精神の無駄遣いです。
posted by 沼垂の住人 at 06:22| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32712277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。