2005年09月03日

萬代橋誕生祭3 目から鱗(不便な使い勝手=心の壁)

本日は、誕生祭で指摘された萬代橋の使い勝手に関して書こうと思います。

お祝いメッセージを書いてくれた男性に、”萬代橋は絵になる橋なのだが、使い勝手が非常に悪いもっと使い勝手が良くならないか?”という考えをお聞きしました。





当日誕生祭では、やすらぎ堤でも様々なイベントがありました。
萬代橋からやすらぎ提に直接孫りることは出来ないため、どうしても信濃川に沿って走っている道路を横断する必要があります。
実は少し遠回りで結構危険です。(当日は警備の人がいて交通誘導を行っていましたが、通常はいません。)
ですから、萬代橋からやすらぎ提に孫りよう、孫りたいと思う人達の心の壁になっているのではないか?
直接孫りれる階段が在ったら利便性が増し、もっと萬代橋を見に来る人が増えるはず。と言うのが男性の考えでした。

また、重要文化財に指定されてしまった今となっては、簡単に概観を変えることも難しいことも理解しているが、何とかならないものか?という話でした。

誕生祭当日の警備状況

keibi2.jpg

やすらぎ提からの写真
zenkei.jpg

男性が設置ポイント候補に上げた場所
takasa.jpg

じつは、沼垂の住人は毎日、この信濃川沿いの道路を車で走ります。
結構、歩行者の飛び出しに神経を使います。(運転者もストレスを感じます。)

一方、たまに夜間、やすらぎ提沿いを散歩しますが、信濃川を渡ることに利用するのは八千代橋を利用することが多いです。
やっぱりやすらぎ提から登りやすいからかもしれません。

心の壁結構大きそうです

関係各位の皆さん何とかならないものでしょうか?

ではまた
posted by 沼垂の住人 at 23:18| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沼垂の住人さん。
ご無沙汰しております。

誕生祭当日は、萬代橋周辺を一日中歩き回ったのですが、萬代橋から、やすらぎ堤に行くのってかなり負担になるなとつくづく感じました。

橋から、直接やすらぎ堤に行ける様になったらいいですね。
まぁ、重文指定されたので、ハードルはかなり高いとは思いますが…。

でも、何か良い知恵を出し合い、橋と川面を同時に味わえる萬代橋になれば、嬉しいですね。
Posted by かい at 2005年09月08日 16:51
かいさん、コメントありがとうございます。

やすらぎ提から、萬代橋に行こうとすると、つくづく道路横断が煩わしく感じます。

便利になると活性化が出来そうです。

また訪問してください。
Posted by 沼垂の住人 at 2005年09月10日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6270444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。