2005年10月04日

愛地球博の思い出パート2

本日も愛地球博について書こうと思います。

皆さんもご存知の通り、愛地球博には、
『自然の叡智』というテーマにたいして、4本柱のコンセプトがありました。
環境
市民参加
IT
地球大交流

このコンセプトの基に各パビリオンが構成され、パビリオンの打ち出す目的のもと、出展活動が構成されていたと思います。



それぞれのパビリオンの展示内容については、様々な評価があると思いますが、個人的な意見として、目標集客数を大きく上回ったことや、事業収益も大幅に黒字(収益100億円)と言うことですから、イベント的には大成功と言えるのではないでしょうか?

時間的に制約の中で、人気のある企業パビリオンしか回らなかったので、愛地球博の全てをみた訳ではないのですが、やっぱりこのようなイベント(盛大なお祭り)をきちんと開催できる中部圏の方々が、少し羨ましく思えます。

かなりの人達が、開催できたことを誇りに思っているのではないでしょうか?

集客に相乗効果のあったパビリオン(トヨタ館と日立館)

kyousou.jpg

今の少年と元少年の心つかんだチョロQ(リニモ)

renimo1.jpg

でも、¥2,000はちょっと価格が高いです・・・

博覧会が終了しても人気沸騰のモリゾーキッコロ

morizo.jpg

お金も使いましたが、子供達が喜んでくれたので、満足しております。

でも、ちゃんと覚えていてくれるのだろうか?・・少し不安

ではまた!
posted by 沼垂の住人 at 21:44| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7572629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。