2012年10月15日

松本市 旧開智学校

秋分の日に子供たちといった長野旅行

松本城を見学した後に、旧開智学校を訪れました。

CIMG0411.JPG

最近は、新潟県の大学進学率も多少は向上し、30位前後ですが
私が高校生の時は、最下位争いでした。(確か45位前後)

長野県、富山県が進学県で有名で、大学時代の友人に聞いたことがあるのですが
富山県の高岡高校は、『大学に行く=東大に行く』というくらい東大進学に熱心な学校です。

松本深志高校も、東大進学数が多く、長野高校と同様に長野県内でも1,2の新学校です。

大体、公立の進学校は城下町にあることが多く
県庁所在地で、城下町ならほとんどその県内で1番の進学校があります。

松本の進学気質を支えているのが何か?
旧開智学校を訪れるとなんとなく理解できるような気がします。

新潟県の大学進学率が増えたのは、多分に県内に私立大学を乱立させたからでしょう。
この間、長岡造形大学が長岡市の公立大学への移行を申請するというニュースがありました。

バブルの時代に、開校した県内の私立大学 定員われが続いていると聞きますが
事業継続は可能なのでしょうか?

少子高齢化が進む時代に、特徴のない教育サービスはいずれ淘汰されます。

子供たちが進学する頃

残っている大学はどの程度あるのでしょうか?

旧開智学校を訪れて、感じたことです。

『本物しか残ることはできない。』


それにしても、任天堂やソニーが出すゲーム機のおかげで
我が家の子供たち、かなり勉強しなくなりました。

大学進学・・・・・危険信号が灯っています。

何か、対策を打たねばなりません。
posted by 沼垂の住人 at 12:00| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

長野オリンピックの思い出 ジャンプ台に上る

先月の秋分の日の連休に、子供達をつれて長野県白馬村に行ってきました。

白馬村には、長男の名前の由来にもなったスキーのジャンプ台があります。

長野オリンピックの時は、日本中を歓喜の渦に包み込み
船木選手や原田選手が雄飛を見せてくれた
あのジャンプ台です。

CIMG0141.JPG

数年前にも連れて行ったのですが、小さかったこともあって遠くから見るだけでした。

今回は、ジャンプ台の最上部まで登ってきました。

CIMG0156.JPG
ラージヒル用ジャンプ台の斜度 40度くらいなのですが、足が竦みます。

CIMG0157.JPG
駐車場に止めてある車がミニカーのようでした。

CIMG0162.JPG
高所恐怖症はどちらでしょう?

CIMG0159.JPG
オリンピックのシンボル 五輪の輪が掛けられていました。

ラベル:ジャンプ台 白馬
posted by 沼垂の住人 at 17:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

学生時代に行った北海道旅行2

学生時代に行った北海道旅行1の続きです。

私の記憶が確かなら(料理の鉄人鹿賀丈史風って少し古すぎますネ。)

上陸3日目は、確か札幌市内散策をしてのでしょう?かなり記憶が曖昧です。
北海道庁や札幌駅に行ったのは覚えているのですが、初日の散策コースとかぶっています。

当時は、”るるぶ”のような手頃なガイドブックもないですし、ただ新潟市よりも都会である札幌市に圧倒され、街歩きが楽しくてたまりませんでした。

上陸2日目は、別行動を取り、友人はまたもや札幌市内を散策し、

私は、北海道中央バスの日帰りバスツアーの申し込み、支笏湖を見に行きました。

ツアーの名前は、『支笏ロマンコース』確か昼食付で二、三千円程度の料金と記憶してます。
数年前に、サミットが開かれた洞爺湖は入っていません。(残念でした。)

IMG_0004.jpg

中央バス札幌ターミナルを出発して
羊が丘展望台 ⇒ オコタンペ湖 ⇒ 支笏湖(遊覧船乗船)昼食 ⇒ 千歳 ⇒ 札幌
と観光したようです。

IMG_0005.jpg

IMG_0006.jpg

羊が丘展望台と支笏湖は鮮明に記憶していましたが、

オコタンペ湖と千歳・・・・?です。

まあ、捨てずに取ってある乗車券の裏側に書いてあるのですから、おそらく行ったのでしょう。
こんな、日記を書いていると、オコタンペ湖を確認しに行きたくなります。

今度は、じゃらんnetで洞爺湖温泉にでも宿を予約して、2日間自転車で散策したいものです。






フェリーの旅も捨てがたいのですが、時間に制約のある社会人としては、飛行機で2泊3日位が妥当でしょうか?



posted by 沼垂の住人 at 04:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

学生時代に行った北海道旅行1

私が、初めて北海道を旅行したのは今から30年程前、高校1年生の時です。
中学時代のクラスメイトのお兄さんが、札幌の大学に行っていたので、
下宿先のアパートに泊めてもらうことができると聞き、二人で北海道に渡りました。

この時、北海道に渡る手段として、新日本海フェリーを利用したのですが、
金のない高校生ですから、当然2等、料金は確か片道5,000円でした。

現在のフェリーと較べるとかなり小さなフェリーでしたが、佐渡汽船のフェリーより大きく
『大きな船だなあ〜』と感心しながら乗船したことを記憶しています。





船底にある2等席に着くと、ツーリングが目的と思われる大学生?のグループが沢山いまして、
暫くすると仲良くなり、バイクの話が始まります。
当時の男子高校生、例外なくバイクにあこがれていたので、
『早く免許を取ってバイク乗るぞ〜』『バイクに乗れていいな〜』
とバイクやこれからの行き先のことで話が盛り上がりますので、
一人の大学生?から、飲み物や、食べ物を沢山頂きました。
船の中には食堂があったのですが、値段が高くて利用することができませんでした。


二人とも、初めて船中泊するので興奮して眠れず、甲板に出て星空をを楽しんだり、お風呂に入ったりして時間を潰しました。

現在では、18時間で新潟−小樽間を運行していますが、
この時代、小樽までは21時間程度の船旅だったように思います。






翌朝早くに、小樽港に到着したのですが、ここで度肝を抜かれました。
舞鶴や敦賀から来ているフェリーの大きいこと、大きいこと
私たちが乗ってきたフェリーの倍以上の大きさです。
例えるなら、私たちのフェリーが木の葉のように感じました。

このフェリーを横目でにらみながら下船し、殆ど寝ていないので、ハイテンションのまま
JR小樽駅に向かい、JR函館本線で札幌に出ました。

ゴムタイヤの地下鉄南北線に乗り換え、お兄さんのアパートに到着したのは昼前後だったように思います。

午後からは、二人で札幌市内を散策した記憶があります。

大通公園、テレビ塔、あとデーパートを回りました。

この時点で、新潟を出て2日経つわけですが、あっという間に時間が過ぎていた気がします。




posted by 沼垂の住人 at 05:47| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

新日本海フェリー新潟乗り場

新日本海フェリーの新潟フェリーターミナルは、散歩コースになっています。

本日、長男と連れ立ってターミナルに行ってきました。
P1030697.JPG

P1030677.JPG






『フェリーしらかば』が入港していたのですが、

P1030670.JPG

長男曰く

『ばからし』って・・・・・?

右舷に書いてあったのですが、そのまま左から読んでしまったようです。


P1030692.JPG

車の乗船口を撮影したのですが、左脇に見える建物は、朱鷺メッセの高層ビルです。

トイレを借りるためにターミナルに入ったところ、こんなものがいました。


P1030688.JPG

丸々と太った金魚です。

長男曰く、『おいしそうな寿司ネタ』

『おーい、そんなに空腹なのか!さっき、チーズバーガー食べたばかりだろう。』
と思わずツッコミを入れた私。

若いって、腹が減るのですね。
そういえば、30年前は、私も1日5食、食べていました。





posted by 沼垂の住人 at 22:36| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

東京秋葉原の変貌

久々の更新です。

先週の週末に東京へ行ってきました。
CALS/ECインストラクターという資格の講習会の受講と試験を受けてきました。
試験結果・・・ビミョウでした。2ヶ月後の試験結果を楽しみに待ちます。

その試験の後、約15年ぶりぐらいに”秋葉原”へ行ってみました。
以前の秋葉原は家電製品販売の街でしたが、現在は電気街というよりは、”オタクの街”そのものです。
”秋葉原”という漢字よりは、”アキハバラ”または”AKIHABARA”という表記がしつくりする感じの街でした。

続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 00:35| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

愛地球博の思い出パート2

本日も愛地球博について書こうと思います。

皆さんもご存知の通り、愛地球博には、
『自然の叡智』というテーマにたいして、4本柱のコンセプトがありました。
環境
市民参加
IT
地球大交流

このコンセプトの基に各パビリオンが構成され、パビリオンの打ち出す目的のもと、出展活動が構成されていたと思います。



続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 21:44| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

愛地球博の思いでパート1

今週初めの日曜日に、愛地球博が盛況の中終了致しました。
当初達成を危ぶまれていた、入場者数も目標を大きく上回る2200万人を超えたと言うことで、観客数の観点からは大成功と言えるのではないでしょうか?
沼垂の住人も家族サービスと称して見学してきましたが、振り返ると楽しかった思い出が沸いてきます。
数回に分けて、愛地球博の思い出をまとめてみようと思います。



続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 22:54| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。