2012年10月11日

お上からの助成金・補助金 もらうべきか?

私たちから集められた税金
いろいろ形で再分配されます。

公共事業や社会保障費を筆頭に、実に様々な形で再分配されています。

最近不正受給で話題を振りまいている生活保護費
本をただせば、血税が再分配されています。

雇用保険による失業手当は、保険料(雇用主と労働者が負担)から支払われているので、
生活保護とは異なります。

よく、雇用保険の不正受給も槍玉に上げられていますが、
個人的には、少し違うように感じています。

実はあまり知られていないのですが、町内活動、街づくりにも補助金や助成金という形で
税金の再分配が行われています。

たとえば、新潟島にある、『上古町商店街』
何年か前に、アーケードの改修を行っていますが、この事業にも、多額の助成金・補助金が出されています。

確か、耳にした補助率は・・・・97%
つまり、2億円の事業であれば、上古町商店街の人たちは600万円を負担するだけで
写真のような、アーケードを整備して貰える。

先日、以前同僚だった、村田君が開いていた雑貨店の前を通ってきました。
お店の内容もガラット変わっていました。

連休日祝日の最終日の午後6時
本当に、人通りは閑散としていました。
費用対効果は・・・・・・・・・?

これとは、金額規模は異なりますが、沼垂まつりにも税金から、開催助成金が支出されています。
(詳細は、新潟市中央区のホームページで確認下さい。⇒中央区へGO

沼垂まつり開催事業補助金
事業目標:観客動員数 5,000人
補助対象:会場設営費、警備費、灯篭制作費、印刷費、事務費等
補助額 :上限130万円 
補助率 :対象経費の2分の1以内
期間  ;平成22年度〜平成24年度の3年間(この9月30日に事業評価が行われたはずです。)

沼垂まつりの実行委員会がどのように申請しているかわかりませんが、

私が、これまでに見聞きしている補助金申請
このような補助のやり方の場合、補助対象の経費を必ず、260万円以上かけて申請することになります。
ある意味、『もらわなければ損!』
こんな感情になるのはしかたないことです。
いわば、既得権ですね。


我が、沼垂まつりに関しては決して、このようなことがないと信じています。・・・・・

ちなみに、もう何年も前に(10年位前?)、沼垂まつりの決算報告を目にしたことがあるのですが、
この時の総額が、確か250万円くらいだったと記憶しています。

この時は、会場を明るく照らすライトの設置も無く、灯篭制作費も各町内もち
ポスターにいたっては、紙の写真をスキャナーで読み込み、Wordで作成したデータを
インクジェットプリンターで100枚程度印刷して、目立つところに張る。
手作り感ありありのやり方でした。
そして、250万円の実行費用は、住民や企業の寄付で全てまかなわれていました。
それでも、観客動員数は今年と比較して少ないということは無かったはずです。

補助金の費用対効果は、様々な角度から検証する必要があることは分かっています。
また、観客動員数についてもどのようにて計測するのか分からないのでなんともいえません。

でも、お金のかけ方についてはきちんと評価してもらいたいものです。

posted by 沼垂の住人 at 12:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

町内会やPTAの活動はボランティアでなければならないのか?

 ある町内会組織の活動に関して小耳に挟みました。
 前から思っていたことがあるので、批判を覚悟に書き記します。

 ご承知の通り、町内会やPTA活動には、町内会費やPTA会費から活動費が捻出されます。

 ある組織(町内会や学校など)に属すると、好むと好まざると会費は徴収されます。
 でも、徴収される金額はそんなに多額ではないため、
 まあ、市民生活に波風を立てたくないと思えば大半の人は支払うでしょう。
 ひと月、300円とか500円ですから

 では、この会費どのように使われているか、きちんと説明を受けた方はどの程度いるのでしょうか?
 大半は、その組織が選んだ会計監査の人が書いた、
 ”支出は正しく行われていました。”という書面が回されて、
  説明を了承したとされます。

 ある町内会のお話なのですが、

 ある委員会に、1年間の予算3万円に対して、支出内容を確認したところ
 2万4千円の支出が計上されていたそうです。
 内容は、某ホテルでの昼食費 2万4千円だそうです。
 簡単にいえば、活動費=委員の飲み食い費用に当てられていました。

 委員の方は、ボランティア(=無報酬)で、住民、子供たちのために汗をかいているから
 ということで、飲み食いくらいは大目に見ましょう
 こんな感じで会費は運用されているのでしょうね。

 ひどい組織なると、飲み食いするために活動しているとしか思えないところもあります。

 集まりのたびに、飲み食いする。
 反省会と称して、集まり、会議20分そこそこで切り上げ
 後は懇親を深めるということで飲み食い

 こんな会合多くありませんか?

 さらにひどい本当の話なのですが、
 町内会費から支出される活動費を人質に
 老人会へのご婦人の参加を強要する。
(無料のコンパニオンにしたい下心ありあり)
 参加しないことを伝えたら、協力的ではないということで、活動費のカットをちらつかせる。

 実際にあった話だそうです。

 実は、官僚や政治家の既得権を散々問題視している我々国民も
 自分たちが持っている既得権に対しては、かなり寛容です。

 まったく思い巡らすことをしません。
 こんなことがたくさんあります。

 長年同じ人が、同じことをやり続けると、既得権が必ず発生します。
 ですから、アメリカ大統領は、最長で8年しか続けることはできません。
 
 10年程度で、新陳代謝できる組織が理想だと思います。

 そして、常々思ってきたことなのですが、
 町内会やPTAの活動が、本当に必要で価値のある活動であるなら

 きちんと対価を支払ってプロフェッショナルに任せてしまうことも選択肢ではないでしょうか?

 当然、一人当たりの支払うコストは増えますが、
 
 満足度も格段に向上するはずです。


 
 
 
タグ:町内会活動
posted by 沼垂の住人 at 12:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

大船渡市出身のSさんに気づかされたこと

先月の下旬からメタボ対策で、長距離散歩を再開しました。

早朝をベースに、6〜8kmほど歩いています。

散歩コースで、新日本海フェリーの新潟ターミナルを通るのですが、

昨日、初老の男性に、佐渡汽船ターミナルまでの道順を聞かれました。

早朝でしたので、公共交通機関も便が悪く、徒歩でもいけない距離でもないことから、万国橋までの道案内を買ってでました。

歩きながら、お話をしていくうちに

道を尋ねた初老の男性が、
大船渡市出身で先の大震災の津波で自宅が流され
現在、大船渡市に居住することができず、職もなく、
八方塞の状況から逃れるために、前から行きたかったところ訪ね歩いているとの事でした。

一昨日、小樽からフェリーに乗って今新潟についたところでした。

お名前は、Sさん。

以前は、冷蔵設備の施工で、食品工場や漁業施設を回っていたことや

最近では、大船渡市の漁業組合で働いていたが、津波被害で失業したとのことでした。

震災瓦礫も、特定の地域に集積されているが、処理はほとんど進まず、

Sさんの家があったとこは、居住不可地域に指定されているため何もできないとのことでした。

あの、未曾有の震災から1年以上経ちますが、

私自身の意識からも震災被災者のことが風化していることに築かされた気がします。

『絆』という言葉だけが先行し、もてはやされていますが、

瓦礫処理は引き受けたくないという、反対運動

本当に、当事者意識に欠ける行動ではないか?

この点は、様々な意見があることは承知していますが、

『お互い様』という気持ちがあれば・・・・

おのずと、行動する方向性は一致するのではないか?

そんな気がしました。

Sさんの言葉の中に、

『本当にこの国には、真のリーダがいない。』

『政治家はパフォーマンスばかりで、何も決めてくれない。』

これらの言葉を発する、Sさんから諦めに似た雰囲気を感じました。


Sさん、佐渡は今、カンゾウの花が黄色く色づいています。

あなたの受けた心の傷を少しでも癒してくれるのであれば

新潟県民としては幸いです。


それにしても、民主党政権何とか変えたいと思うのは

私だけでしょうか?

タグ:大船渡
posted by 沼垂の住人 at 07:50| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

怪しいやつらの手口

あるメルマガを読んでいたら、工務店をターゲットとした詐欺商法の注意喚起を呼びかける記事を目にしました。

昨年秋に、住宅あんしん保証、住宅保証機構、日本住宅保証検査機構(JIO)、ハウスプラス住宅保証の4法人が、それぞれのウェブサイトで、瑕疵保険法人の名をかたる勧誘の電話への注意を呼びかけているようです。

保険法人のウェブサイトには、瑕疵保険に加入する工務店などのリストを公開しているものもがありこれらのリストを基に、住宅瑕疵担保責任保険法人の関係者を名乗り工務店にホームページ作成を提案しているそうです。

ホームページを持つ工務店はまだまだ少ないので注意してください。

記事では、あやしさの判断方法を紹介していたので、紹介します。続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 10:42| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

古町 大和デパート跡地利用案

先月末に閉店した『北光社』
そのはす向かいには、『大和デパート新潟店』があり、今年の6月25日に閉店します。
義母が大和デパートで働いているので、彼女も最悪6月に職を失うかもしれません。

大和デパートも民間企業ですから、ボランティアで百貨店経営を行っているわけでなく、利潤を追求するために行っているわけですから、赤字の続く店舗を、体力以上に維持することはできないのでしょう。

石川や富山で働く人たちの雇用を守るために、新潟からの撤退を決意したのですから、究極の経営判断と認めたいと思います。
中途半端に先送りするよりは数段ましです。

古町の空洞化が叫ばれて以来久しいですが、新潟市も、新潟商工会議所も、古町商店街も有効な解決策を持ち合わせていないようです。

先日古町を歩いてきましたが、古町通りも、西堀ローサも人通りがありません。非常に閑散としていました。
西堀ローサに至っては、店舗の半分以上が、シャッターを降ろしているため商店街の体をなしていません。

この状態で、大和デパートが撤退すると、最早古町は商業地をしての基盤を維持できるか疑問です。

三越もひょっとしたら撤退するかもしれません。

そこで、発想をフレキシブルにして、大和でーパートの跡地利用を考えてみました。続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 07:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

中途半端な公共交通

新潟市
政令指定都市になりながら、公共交通機関に対する投資を行っていません。

仙台市などは、いち早く地下鉄を通し、その上、市バスも運営しています。

地下鉄なら、降雪による影響も少なく、最低限度の足の確保はできているはずです。(まあ、めったに降雪はないでしょうが)

それに引き換え、バスを公共交通機関の中心に据えた街づくりの新潟市

降雪が15cmを超えると、交通機能は麻痺し

今回のように70pを越えると・・・・通常の生活すら危険を感じます。

バスのすれ違いがやっとできる道に老人が横断しようとしていました。
危険を感じるのは私だけでしょうか?

確かに費用対効果を考えると、新潟市では地下鉄の建設は難しいのでしょうが、今のままの、新潟交通によるバス路線ではあまりにも脆弱です。

モノレールの検討を真剣に考えても良いのではないでしょうか?

それにしても、これだけ雪に降られると、除雪した雪を置いとく場所がもうありません。




posted by 沼垂の住人 at 19:11| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

残価があるから建替え時期ではない?

沼垂小学校の今の校舎
確か私が1年生で入学した時に”新校舎”と呼ばれていました。

今のグランド側駐車場あたりに、木造の”旧校舎”があり、2年生の時にはこの木造校舎で学んでいた気がします。

さらに、5年生の時に沼垂幼稚園側に、さらに新新校舎が立てられ、6年生の時は、この新新校舎で学んでいた気がします。

昔、”新校舎”と呼ばれていた現在の校舎(旧校舎?)、この夏休みの間に、給食室に使用されていたアスベストの除去工事を行なったみたいです。
まあ、これはこれでよいことなのですが、昔の新校舎、現在の耐震基準を満たしていないと思います。
さらに、昔の新新校舎も現在の耐震基準を満たしていないと思います。

耐震補強も行なわず、立替工事も、昔の新新校舎の耐用年数が経過していないという理由で先送りする場合、この間に、大規模地震が発生し、沼垂小学校だけ大きな被害を受け、児童から死傷者が発生した場合、誰が責任を取ってくれるのでしょうか?

新潟市では、学校選択性を採用していないので、保護者は自由に子供を通学させる学校を選ぶことは出来ません。

阪神大震災以後の建築基準で立てられている、万代長嶺小学校

昔の建築基準で建てられたまま、放置されている沼垂小学校

通学距離が変わらないのであれば、耐震性に優れた後者で学ばせたいと思うのは、親のエゴなのでしょうか?

でも、確か万代長嶺小学校、合併統合の際に、地域の意見として、老朽化した万代小学校を後継校舎としました。
かなりの紆余曲折があったようですが・・・・

この時、沼垂高校の校舎の立替もあり、沼垂高校は、万代高校として沼垂に移転してきました。
その後、万代長嶺小学校は、沼垂高校の跡地に新築された。

この後、耐用年数がまだまだ残っていた長嶺小学校を解体して、その跡地に市立図書館を建てた。

そして、老朽化した旧万代小学校の校舎、利用方法が定まらないということで、今でもそのままで放置されている。

でも、よくよく考えると、長嶺小学校を後継校舎にして、老朽化した万代小学校跡地に、万代高校を建替え、その跡地に市立図書館を建てていたら、建設金額は少なくて済んだのではないでしょうか?

図書館を利用する市民に取っても、バス路線や新潟駅からのアクセスを考えると便利だったような気がするのは私だけでしょうか?

地域住民の意見を、最優先させた結果
費用対効果に疑問の残る事業計画になった典型ではないでしょうか?

その割を食ったのは、沼垂小学校なのでしょう。
posted by 沼垂の住人 at 17:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

アリバイ作りにサクラを使う・・・

国民、住民の意見を聴く目的で、タウンミーティングや、ワークショップが開催されます。
1回開催する費用が1,000万円、その上参加者にかなりのサクラが集まっていたタウンミーティング。
大手広告代理店だけでなく、大手新聞社までサクラ集めをしている現状・・・
サクラのバイト料が、3,000〜5,000円
果たして、活発な意見交換が行われるのでしょうか?
以前の株主総会のような気がします。
アリバイ作りにサクラを使うなんて・・・・
これって国民不在、民主主義でしょうか?

新潟市も、様々なワークショップを開催していますが
まさか、サクラやヤラセなんて・・・・・

もし、最初から結論が決まっているのならミーティングは不要です。
コスト、時間、精神の無駄遣いです。
posted by 沼垂の住人 at 06:22| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

30年近くストップしている公共事業

この写真を見て下さい。

PA0_0000.JPG

国道113号線(通称東港線バイパス)の現状です。

私の記憶では昭和50年代初頭に、万代橋下流橋の架橋計画があり、栗ノ木バイパスの延長上(現在の佐渡汽船)に新橋ができる予定でした。
写真の道はこの新橋に連結する目的で後々車線を増設するための連結部らしいのです。

この新橋の実現は、その時の革新系市長に白紙撤回されたので、連結部も無残に放置された状態です。

数年前に完成した柳都大橋の姿がダブるのは私だけでしょうか?
posted by 沼垂の住人 at 19:54| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

”八月の歌”

好きな歌手の一人に、浜田省吾さんがいます。

大学時代に購入した、彼の、J・BOYというアルバムの中にの中に、”八月の歌”という歌がありますが、最近この詩の内容を考えさせられるニュースが多いようです。
”八月の歌”の二番は次のような詩です。
 
八月になるたびに、”広島−ヒロシマ”の名のもとに平和を唱えるこの国
アジアに何を償ってきた
俺たちが組み立てた車が、アジアのどこかの街角で焼かれるニュースを見た
今日も Hard rain is fallin'.
心に  Hard rain is fallin'. 
子供等の肩をうつ
 
餓えてゆく すさんでゆく
明日への希望など持てないまま
 
今日は、61回目の原爆記念日
 
わが国はいったいどこへ向かうのでしょうか?
 
さまざまな考え方があるようですが、
今日は、それを真剣に考える日だと、私は思います。
 
ひとまず
 
posted by 沼垂の住人 at 08:54| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

沼垂小学校は大丈夫なのか?

今年の6月末と、7月末に小学生の子供を持つ親としては看破できない事件が立て続けて起こりました。

6月末 両津小学校 アスベスト飛散事故

7月末 埼玉県 小学2年女児 プール死亡事故

新聞報道がなされるにつれて、言いようのない憤りを押さえることが出来ません。

いずれも、これからの将来を担う子供達に直結する出来事です。

そして、どちらも、大人達の欠如が引き起こしたものと考えます。


続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 01:22| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

大停電の教訓2

リスク管理の仕方が、評判を左右しそうな話です。

新潟市には、デパート3店舗がありますが、自家発電を持つていた店舗は夕方まで営業を出来たようですが、なかったところは早々に休業したようです。

緊急時に、生活支援の拠点になれる店舗は、人々の安心と信用を勝ち得ることが出来ます。

他の同業店舗と差別化が出来ます。

何故なら、助けてもらいたいときに助けてもらったことは、人は忘れないからです。

自家発電設備には多額の投資を伴います。通常では利用することはありません。

一見すると、無駄な投資に見えます。

目に見えないリスクを考慮することが、最高の経営判断と考えます。

沼垂の住人としては、自家発電のあったデパートを支持したいと思います。



posted by 沼垂の住人 at 21:26| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

大停電の教訓1(バッテリーの重要性)

多くの人の予定を狂わせた、大停電から感じたことを書こうと思います。

普段通り車でに出勤し、強風に煽れながら会社に着いて、始業(午前8時)してすぐに、消防自動車のサイレンが聞こえてきました。

社員の誰が、緊急情報サービスで火災現場を確認したところ、関屋掘割町の火災発生を知りました。
強風がものすごかったので、私はすぐに”若狭屋大火”と同じで、大火事にならなければいいな〜と思いながらパソコンで企画資料をプリントアウトしていると、一瞬、電灯がチカチカしたので、火災の影響か?と冗談を言いながら、上司とミーティングルーム入り打ち合わせをしていたら・・




続きを読む
posted by 沼垂の住人 at 06:39| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

県道464号線はいつ高規格道路になる?

今、沼垂で一番不満に感じていることは、栗の木バイパスの県道464号線に、自転車道、歩行者道ともなく、車だけが通れる道路であることです。
私の記憶が確かなら、平成の御世になってすぐに、沼垂小学校で、栗の木バイパスの高架道路化事業の説明会が開かれると言うことで、同級生数名と参加しました。
それから数えて十数年になります。(その頃生まれた子はもう、高校生で何人かは、万代高校に通っているかもしれません)
県道464号線は、何も変わっていません。
いったい高架化事業はどうなったのでしょうか?
公共工事が見なおされる中、方針変換はないのでしょうか?
中途半端に先送りされると、将来的なまちづくりが描けないと思うのですが、沼垂に暮らす皆様はどのようにお考えでしょうか?

個人的には、高架化でも平面道路でも、もっと人にやさしい(特に高齢者や子供にやさしい)道路だと良いのですが。

ひとまず!
posted by 沼垂の住人 at 00:00| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

かなりもったいない

だいぶブログの更新をサボっていました。

本日は、前から考えていたことを少し辛口で書きたいと思います。

沼垂の町は、数十年前には、まわりの町がうらやむくらいに栄えていた町でした。

栗の木川の水運力を利用して、造り酒屋、醸造業、製材業と言った地場産業が隆盛を誇り、

新潟港、国鉄の開通、日本石油の開業など、莫大な社会資本整備が行なわれ、この建設に従事するために、たくさんの職人が全国各地から集まって来ました。

当然、旦那衆や職人さんたちの飲食、遊び、宿泊といったニーズを満足させるために、料理屋、飲み屋、芸者置屋、旅館、映画館、パチンコ屋、銭湯などの店を開き、商いをしていたのだと思います。

社会資本整備が終了すれば、当然職人さんはいなくなります。
栗の木川が埋め立てられたら、水運力を利用した産業は出来なくなります。

環境が変われば、必要とするニーズも当然変わるはずです。

それにも関わらず、同じやり方で、同じことをしても・・・はたしてお客は満足してくれるか・・

答えは明白です。

他でも手に入る商品や、サービスならば、安さだけでお客は選びますが・・・・

沼垂でしか手に入らないもの、
その店でしかてにはいらないものであれば、お客は外からでも買いに来ます。

住民(一番の見込み客)が何をしたら喜ぶかを考え実践していたなら、商店街は寂れなかったのではないでしょうか?

前からこの商売をやっているから、その商売をやるのですか?

私は後継ぎだから、この商売をやるのですか?

でも、本音では子供には後を継がせたくない・・・・・?俺の代で終わりにしよう・・・

だから、体が動くうちはやるが、動けなくなったらやめる・・・
(お金は老後のたくわえにしたいから、店舗を新しくするなどの投資は控えよう・・)

お客の喜ぶことをイメージしない
誰かが、何かのアイデアを出ても、すぐに出来ないと言ってきちんと考えない
行動に移さない


サラリーマンが、リストラされ、再雇用されずに起業する例が増えているようです。
あるサラリーマンは、自分のやりたいこと実践したいために、独立しました。

サラリーマンは安泰ではありません。(相当リスクがあります)

でも、サラリーマンが起業はする場合、全て1から立ち上げることになります。

後継ぎの人であれば、先代からの基盤があるため、事業を行う仕組みが出来あがっています。

すでに”信用”という名の最大の武器を手にしています。
あなたの店を支持してくれている”お客さん”がいるのです。

ないない尽くしのサラリーマンから見るとかなり羨ましく見えるのですが・・・

かなりもったいない気がしてならないのですが・・・

沼垂の商人、もっと元気だしていこう!







posted by 沼垂の住人 at 10:45| 新潟 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 本当にこれでいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。